オフィス移転を行う場合、もちろん社長が、きちんとそれを把握し、先頭に立っていることは重要です。
会社の全体を、きちんと考えられるのは、社長だけです。
社長がもし、オフィス移転を、単に場所を移すという程度にしか考えていないのであれば、オフィス移転がうまくいくことは、非常に難しいことだといえるでしょう。

しかしもちろん、オフィス移転を、社長がひとりでできるわけではありません。
オフィス移転はもちろん全社員によっておこなわれなければならないわけですから、それぞれの社員それぞれの部署のモチベーションをきちんと高め、意見を吸い上げ、そしてそれを移転作業の一つ一つに還元していけるような社内組織が必要となります。

ここで気を付けなければいけないことは、オフィス移転については全員が素人であるということです。
オフィス移転を、そうそう何回も、社員が経験することはないでしょう。
であるとすれば、きちんとしたプロにオフィス移転の業務について、関わってもらうこともオフィス移転を成功させるためには必要なことであるといえるかもしれません。

仕事はつねに、プロによりおこなわれなければなりません。それは明らかなことであるといえるでしょう。